FX始めて2週間、経済指標発表時は勝ちやすい?

FX

資金7万円で始めたFX。現在の残高がこちら

現在の残高は6万ちょい

60,950円です。9,050円減ってますね。

一時期は5万6千円台まで減りましたが、何とかここまで持ち直したって感じです。

経験した勝ちパターンと負けパターン

資金こそ減ってますが、勝つべくして勝ったトレードがあります。(勝手にそう思ってるだけかも)

それは、"相場の大きな変化を後追いした時" です。

平日はさまざまな国で経済指標が発表され、内容によっては発表直後に大きく相場が動きます。

例えば、8月23日、日本時間23時にアメリカで発表された"7月新築住宅販売件数(前月比)" は-12.6%と、予想されていた-2.5%を大きく下回りました。

これを受けてか、23時を過ぎてから米ドル/円の相場は高値137.62から最低で135.81まで下がりました。

その差は181pips。日本円にして1万8千円以上の値動きです。

これを全て掴むのは難しいですが、これだけ大きい値動きはしばらく直線的に続くので、後追いしても利益を出しやすいです。

私もこの日、23時からの30分間で5,910円の利益を出すことができました。

8/23、23時〜23時半までの実績

エントリーと同時に損切り注文は必須

値動きが大きい時は、予想と反対にも速く大きく動きます。

実際、別の日には大きく下がったと思い売り注文を入れたところ、逆に急激に上がり始め、即座に損切をされてしまいました。

20pips以上の値動きだったので、エントリー時の損切設定がなければ大損しているところでした。コワイコワイ

結局その日は、一時的な値動きに注文が追い付かず、利益を出すことはできませんでした。こういった騙しのような動きもあるので、エントリー時の損切は絶対忘れないようしましょう。

経済指標が複数あると荒れやすい?

指標発表が複数ある場合、それぞれが相場に逆の影響を与えることがあります。

例えば

  1. 米国8月平均時給が予想より高い
  2. 米国8月失業率が予想より高い

となると、①はドル相場を上げ、反対に②はドル相場を下げる可能性があります。

こうなると、買う人も多ければ売る人も多いため相場が乱高下します。

大きく上がったと思い買った途端に、めちゃくちゃ下がって大損になることがあるので要注意。

あらかじめ損切り設定していても、値動きが大きいと設定した額より大きく損することもあります。

発表される経済指標が多い時は、それぞれが同じ方向(上げが下げか)に影響を与えるか確認するのを忘れずに。

参考

外貨ex 経済指標カレンダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました