WordPressのデータをバックアップ&復元する方法

PHP バージョン ウェブ

このサイトとは別に運営しているブログ(仮にブログAと呼びましょう)があるのですが、そちらはFc2レンタルサーバーを使っています。

そっちのサイトへルスで

サイトがPHPの非常に古いバージョンを実行しており、更新をおすすめします。

でてしまいました。

現在、ブログAのPHPのバージョンは7.1.9です。fc2のサイトに載っているサーバースペックでもPHPは7.1.〇までしか対応していない模様。

これは引っ越しをする必要があるのかも。

ひとまず今回色々調べて、自分が知らなかった情報をまとめます。

PHPバージョンの確認方法

すごく初歩的な話かもしれませんが、初心者からすれば困っちゃうポイントだと思います。

ググるとコマンドを実行するとか、PHPファイルを作るなども出てきますが、自分は検索とクリックだけでPHPバージョンを確認しましたそれが以下の二つ。

WordPressのサイトへルスから確認

WordPressにはサイトへルスって機能があります。テーマやPHPのバージョン、プラグインの更新などなど、サイトの機能が落ちている原因があれば教えてくれるものです。

デフォルトでは、ダッシュボードに以下のような表示が出ているはず。

青文字の「サイトへルス画面」をクリックすればサイトへルスのページに移動します。

もしくは、画面左のサイドメニューから

ツール>サイトへルス

と進めればサイトへルス画面が開きます。

サイトへルス画面ではステータスと情報の二つのタブ(青線で囲ったとこ)があり、上の文字をクリックすれば切り替えられます。

現在のPHPバージョンを確認したい場合には

情報>サーバー

と開くとサーバー情報の中にPHPも載っています。

レンタルサーバーのHPから確認

レンタルサーバーの公式サイトに行けば、たいてい機能一覧という項目があると思います。

そこを開けばいろいろとサーバーのスペックが書いてあるので、PHPバージョンを探しましょう。

公式サイトに行くと、「申し込みはこちら!」とか「サーバー紹介!」とか宣伝ページが大きく出てきますが、そこを開いても詳細なスペックは載っていないことが多いです。

ちょっと頑張って、メニューバー的なところから機能一覧を探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました