素ラーメンが美味い

食事・料理

ラーメンを付属のスープなど使わず、美味しく仕上げます。

素・ラーメン

使用する食材

  • 中華麺(生麺)
  • 胡椒
  • お水(水道水でOK)

なんなら、麺、塩、水だけでも良し

鶏ガラなどから出汁は取らず、茹で汁をスープにするのだ。

今回は札幌の中華麺を使いました。

作り方

  1. 湯を沸かす(たっぷりではなく少なめで)
  2. 沸騰したお湯に中華麺を入れる
  3. 3分くらい茹でる(好みで時間を調節してね)
  4. 茹で汁を捨てずにどんぶりに入れる
  5. ザルに麺をあげ、湯切りする
  6. 茹で汁の重さの0.9%の重さの塩を入れしっかり溶かす
  7. 湯切りした麺を入れ、胡椒をかけて完成

ポイント

麺を茹でる時の湯量を少なめにすることで、濃いめの茹で汁にします。

これを捨てずに、0.9パーセントの塩を加えてスープに仕上げます。

これだけでもなかなか美味いんです。

食べた感想

調味料は塩胡椒のみですが、中華麺から流れ出たタンパク質が旨味を、澱粉が甘味をスープに加えてくれます。

もちろん、麺から流れ出る旨味成分はわずかですが、適切な0.9%前後の塩分量にすることで食べた時に感じる旨味が高まります

相乗効果ってやつですね

無論、ちゃんとスープや出汁を使ったラーメンの方が美味しいので、あくまで実験的な料理と思ってください、、、

デメリット

茹でるお湯の量が少ないので、麺の仕上がりが柔らかめになってしまうのがデメリットかと

トロみもつきやすいので、別途お湯を沸かしておき、茹で上がった麺を熱湯で洗ってあげると良いかもです。

応用

素ラーメンを作ると、塩分濃度さえ適切なら、それなりに美味しくなることがわかります。

合計の塩分濃度が0.9%になるよう、塩の量を減らしながら、醤油や鶏ガラ、オイスターソースなどを加えるとオリジナルスープにすることも可能!

参考

小麦粉の旨味成分についてhttp://www.azeron.co.jp/_src/4532956/foodtopics_22_6.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました