奮発してWalking Pad P1買ってみた[KingSmith]

人間は座ってるよりも歩いてる方が作業効率があがるらしい、、、

自分も家で作業するときのために、トレッドミルを買っちゃいました。その商品がコレ

KingSmith WalkingPad P1

以前は安く済ませようとして、Amazonで安物のステッパーを買ったんですが、負荷が強すぎて作業に集中できず、使わなくなりました。

他のステッパーを試す手もありましたが、踏み込むよりも歩きたいなーっと思いまして

ウォーキングマシーンにも動力を使わない自走式や傾斜がつくものなど、いろいろあります。今回購入したWalking Padのスペックをザッとまとめると、、、

  • 電動
  • 最高速度6km/h (0.5km/h刻み)
  • 傾斜なし
  • ベルト幅40cm
  • 折りたたみ式
  • 手すりなし

コンパクトに折り畳めて、シンプルなデザインが魅力です。手すりも付いてないので、部屋に置いても圧迫感が少なめ。

Amazonで2万円の割引がされてたので、買ってしまいました。(2022/3/12時点)

ベルト幅が広く、余裕を持って歩けます。操作方法は3つあり、リモコンとスマホアプリ、歩行面のセンサーで操作可能です。

センサーは、ベルトコンベアの前の方に立つとウォーキングを開始し、後ろの方に立つと機械が停止するというもの。

初めは慣れが必要ですが、リモコンやスマホを操作する必要がないので良きです。

他の商品の値段は1万円〜10万円までピンキリです。

トレッドミルを買う時にチェックすること

型番が分かれば、メーカーのホームページを見ましょう。製品紹介にスペックが載ってるはず。あとは説明書のPDFがあればDLしてみるとか、、、

トレッドミルとは室内で有酸素運動するために作られた、ベルトコンベアの上を歩いたり走ったりできる機械の総称です。

設定可能な速度によってウォーキングマシンやランニングマシンと呼び分けされるみたいですね。

速度以外にも商品によって性能が異なります。自分に合ったトレッドミルを選ぶためにチェックすべき項目をまとめてみました。

負荷が決まるもの

  • 電動or自走式
  • 速度 最低から最高まで
  • 傾斜の有無

利用時の快適さ

  • ベルト幅
  • 手すり、ドリンクホルダーの有無
  • 操作方法(操作盤、リモコン、センサー、アプリ)

置き場所

  • 全体サイズ
  • 折りたたみ式
  • 重さ

オススメな人とそうでない人

在宅で座り仕事をする方におすすめです。作業効率アップと、運動不足解消が狙えます。

しかし、音もでるし体が動くので息も多少上がります。

リモート会議をしたり、お客さんと電話でやり取りする人は仕事に支障がでるかもです。

個人的にトレッドミルを買う決め手となった動機は

  • 作業しながら歩きたい

これに尽きます。単にウォーキングするだけであれば近所を散歩すればいいのですが、ブログの記事を書きながらとか、動画編集しながらの散歩は危険ですし周りにも迷惑がかかってしまいます。

無理にやろうとしても、周りを見ながらなので集中できませんし、、、

1度トレッドミルに乗れば、体は歩かざるを得ませんし、降りるのも面倒なのでその場に自分をとどめることが出来ます。

考え事をしながらソファーやベッドに寝転がってYouTubeみてたら何時間も経ってた、、、なんてことも防げます。たぶん

参考

パレオな男さんのブログではトレッドミルが与える影響についてまとめてる記事がいくつかあります。

運動しながら作業ができる「トレッドミルデスク」を半年使ってみた感想
アラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました