前世について

前世は歴史的英雄だとか言う怪しい人がいて

生まれ変わったら鳥になりたいとか

イケメンになりたいとか

そういう人もいれば

生まれ変わりなんてしないよ

という人もいる

でも、自分の前世って、夢のないことを言うかもしれないけど”親”かなと

というか

両親から分裂した細胞が一つずつ合わさって、それがじぶんになっていて

その過程に死は存在していないから

親から祖父祖母、さらにひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん、さらに先のご先祖様から、ある意味ずっと生き続けているとも言えるのかも。

(精子、卵子を生き物とするのか?は昔からの疑問だけど)

ただ、精子と卵子になるときに、自分たちは複雑さの階層と呼ばれるものを一つ降りている(ディプロイド細胞からハプロイド細胞へ)

これは転生って感覚に近いかも、記憶もなくなって新しい自我を持つようになる

つらつらと変なことを書いてしまったが、団まりなさんの本を読んで、昔からの疑問に1つ答えが見えてきた気がする。というお話です

コメント

タイトルとURLをコピーしました